天平香 瓊花(けいか)

梅雨空の鬱陶しい朝・・・
今朝も紫陽花が清々しい〜!ありがとう〜♬

去年先輩のSさんに坐摩神社の額アジサイの写真をに送ったところ
「唐招提寺の瓊花みたい!」と返事がきた。

ん?瓊花(けいか)ってどんな花? 難しい漢字!

花は額アジサイによく似てますが瓊花はの数が必ず8つ、の数が必ず5つ!
一番の違いはいい香りがすること!果物のような甘い香り・・・だそうです。
来年は開花時ご一緒しましょう!

鑑真和上は中国揚州で誕生、14歳の時に揚州出家、大明寺で広く戒律を講義し、長安・洛陽に並ぶ者のない律匠と称えらました。
日本からの熱心な招きに応じ苦労の末に来朝され天平宝字三年(759)戒律の専修道場を創建されます。現在の律宗総本山唐招提寺のはじまりです。

瓊花は中国揚州の名花で大明寺から寄贈されました。
和上坐像を奉安する御影堂の庭や御朝で、4月下旬〜5月下旬開花します。
(年中行事として開花時期に特別公開。)

毎年6月6日の開山忌舎利会の際、前後3日間だけ御影堂内が公開され、
鑑真和上像を参拝することができます。
(目下、平成大修理事業中の為、新宝殿にて御開帳されました。)

売店で売られているお線香が天平香 瓊花です。
瓊花のいいかおり満喫できます。
彼女は毎年”うちわまき”の日に買って帰るそうです。
今年は私から一箱贈りましょう。

開山忌最終日少しの時間でしたが歴史街道を歩き、唐招提寺の蓮と歴史を楽しんできました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です